血液型で相性を占おう

相性占いについて

1、占う上での注意

相性占いは、昔も今も人気の高い分野です。相性というのは恋愛だけではないのですが、恋愛に関することが半数を超えるとも言われています。しかし、相性というのは自分の気持ちだけではなく、相手側の気持ちも尊重しなければなりません。

た、人間同士の「縁」や、仕事、物事の「縁」は、何がきっかけで、どのように転ぶかというのが不確定でまったく分かりません。そして、人は不確定なものほ ど、第三者の分かりやすい意見を聞いて安心したくなります。無料の相性占いは、確かに「分かりやすくて、役立つアドバイス(分かりやすい意見)」をくれる かもしれません。しかし、怖いこととして、「自分の意思が分からなくなる」可能性もあるのです。

例えば、「○○さんと××さん、どっちと付き合えばいい?」と悩んでいるときに、相性占いをした結果、「○○さん」と言われて選んでしまう。このような 「分かりやすい意見」があればあるほど、「何でも占いに頼る」という癖がついてしまう可能性があるのです。そして、それが当たれば当たるほど、のめりこん でいきやすくなります。何かの拍子でそれが根底から覆された場合、その人は、自分では何もできない人になってしまうなんてことも無いとは限らないのです。

そのことを頭の片隅に入れておいて見るようにしてください。

2、相性占いと生年月日

相性占いの人気分野として「恋愛相手との、生まれ持った相性はどうか?」というものがあります。この場合は、タロット占い、易占いなどよりも、生年月日を 用いて占う、あるいは血液型占いや姓名判断などの、「短期間に変わらない要素」を用いて占う、という方法が向いているでしょう。しかし、一方で「相性は 『一生不変で、というわけではない』」とも言えます。2人の相性が悪いとされても、努力や相手の嗜好を知ることでカバーできると言う場合もありますし、何 よりもその相手を好いているなら、「あばたもえくぼ」のようにそれがいい所に見えることもありそうです。

また占いとは別に「相性」というものが少しずつですが、見えてくることもあるでしょう。これはなんとなく、つまりフィーリングと言えるでしょう。「一緒に いるとなんとなく心地がいい」と双方に感じるのなら、それが「よい相性」と言えるのです。友達といつの間にか「友達」になっている、というのもこれが関係 しているのかもしれません。最近では生まれた年の干支などで占うこともありますが、それならクラスの半分以上は、同じ性格していて、同じ相性ということに なります(笑)。

3、相性占いと名前、姓名

自分の名前というのは、個人を表す上で大事なものではありますが、一方で「自分が決めたわけではない」という面もあります。占いでも「名前、姓名判断」を 重要視する占いもあります。基本的に気に入らなくとも、受け入れるしかないと思われがちですが、ある条件を満たせば改名ができますし、結婚すれば姓が変わ るケースもあります。仕事用のペンネームなどを利用して2つの名前を使い分けている人もいれば、パソコンでもハンドルネームがあります。

姓名で相性を診断する占いについても相性が悪ければ、二人の間で使う愛称を決めるという方法もあります。気にしないと言うなら別にいいのですが、気にする人、特に女性は結構気にかける方らしいです。

Valuable information

勤怠管理システムの提供

家庭教師に依頼

認定証を作成する

2018/8/10 更新